インビザラインと通常の矯正治療(ブラケット矯正の比較)

ブラケット矯正
ブラケット矯正
インビザライン
インビザライン
装置の目立ちにくさ ブラケットを歯の唇側に装着するため、目立ちやすくなります。 ほぼ透明の医療用プラスチック製のマウスピースの様な矯正装置を歯に装着しますので、目立ちにくくなっています。
取り外し 治療が終了するまで、矯正器具は取り外すことができません。また、取り外しや装置の調整は歯科医師が必ず行います。 インビザラインの装置であるアライナーは簡単に取り外すことができ、患者さんご自身で取り外しができます。
治療中の食事 矯正装置が歯に装着されているため、硬いもの、粘着性のあるものなどは、注意が必要です。 アライナーは取り外すことができるので、食事の際は取り外して、普段通り食事をすることができます。
治療中の歯のお手入れ 矯正装置が歯に装着されているため、歯磨きがしにくくなります。歯科医院での定期的なクリーニングが必要です。 アライナーを取り外して、普段通りの歯磨きができます。また、アライナーを洗浄する必要があります。

お口のトラブルなら是非ご相談ください

カウンセリング