しばらく歯科医院に来院されていない患者さんへ

治療計画ほとんどの方は、10歳前後で乳歯から永久歯へ生え変わっていきます。そのため、40歳の方の場合、永久歯で30年間過ごしてきたことになります。この年齢になると、特に自覚症状がない場合でもお口の中に何らかの問題が起きている可能性が高いのです。

建物に例えるならば築30年となり、リフォームが必要になる頃です。お口の中も同じと考え「しばらく歯医者に行っていないな」と思う方は、一度健診を受けられることをおすすめします。虫歯の早期発見にもつながりますし、メンテナンスをすることで健康な口腔内環境を手に入れることができます。

お口のトラブルなら是非ご相談ください

カウンセリング