小児歯科

まずは、恐怖心を取り除いてあげることから。優しく笑顔で治療を進めています。押さえつけての治療は行いませんので、ご安心ください。

小児歯科

「乳歯は永久歯に生え変わる歯だから虫歯になっても構わない」と思っていませんか?実は、乳歯の虫歯は、その後生えてくる永久歯の健康に大きな影響を与えてしまいます。永久歯になってからの虫歯治療は、期間面でも費用面でも、患者さんにかかる負担が大きくなってしまいます。

そのため、乳歯の段階でしっかり予防をし「虫歯になりにくい永久歯」を作ることが大切なのです。また、乳歯のうちですと、理想的な歯並びの実現もしやすくなります。幼少期からのメンテナンスをしっかり行うことが、虫歯の予防や美しい口元の実現への一番の近道です。

<乳歯の虫歯が及ぼす悪影響>
●永久歯の質や形が悪くなる
●永久歯の歯並びが悪くなる
●発音がしにくくなる
●お口の悪い癖が出やすくなる
●身体やあごの発育が悪くなる

<乳歯の虫歯の要因となること>
●哺乳瓶でジュースを飲む
●卒乳時期が遅い
●歯磨きの開始時期が遅い
●フッ素化合物配合歯磨き剤の利用開始時期が遅い

お子さんの気持ちに寄り添う治療

小児歯科当院の院長は子ども好きですので、お子さんには優しく明るく接しています。「歯医者さんは怖い」というイメージを持つお子さんはたくさんいらっしゃいます。恐怖心を和らげるため、初診時には虫歯予防となる「フッ素塗布」のみを行い、診療台に座る練習などをすることもあります。

また「僕も、私も頑張ろう」と思ってもらえるよう、ほかのお子さんの症例写真を見せたりもしています。何より、未知のものに対する恐怖心をなくすため「虫歯って何?」「フッ素って何?」という疑問にも、簡単な言葉でわかりやすく説明することを心がけています。もちろん、嫌がるお子さんを無理やり押さえつけて治療することはありませんので、ご安心ください。

お口のトラブルなら是非ご相談ください

カウンセリング