このような症状はありませんか?

当てはまる数が多いほど、歯周病の疑いがあります。

歯周病のセルフチェックシート
1. 口臭が気になる
2. 朝起きると、口の中がネバネバする
3. 歯を磨いた時に出血する
4. 歯肉がむずがゆく、痛みや膿がでるときがある。
5. 歯ぐきが腫れている
6. 歯がグラグラしている
7. 歯が長くなってきたような気がする
8. 歯のすき間が大きくなり、出っ歯のようになってきた

このような症状がある方は「歯周病」である可能性が高いので、早めに歯科医院へご来院いただくことをおすすめします。歯周病は、歯を支える歯肉や歯槽骨が徐々に破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

近年、歯科医院に通われる患者さんの症例として虫歯よりも多く見られる歯周病。歯周病は自覚症状が出はじめる頃には末期状態である可能性が高く、発見しにくい病気ではありますが、日頃からしっかりと予防していれば防ぐことができるのです。手遅れになる前に、早期発見・早期治療に努めましょう。

歯周病とは?
歯周病とは
歯周病とは、歯の土台となる歯槽骨が徐々に破壊されることで最終的に歯が抜けてしまう病気です。歯垢が石灰化して歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間ができます。その隙間を「歯周ポケット」と呼び、そこに炎症が起きて歯肉内部にまで進んでしまうと、歯根膜や歯槽骨が壊されてしまいます。

お口のトラブルなら是非ご相談ください

カウンセリング