院長あいさつ

院長あいさつ

みなさんこんにちは。あおば歯科医院 院長の高啓民です。
新子安に「あおば歯科」を開業してから早28年。親子3代でいらっしゃる患者さんなども多く、地域の方々に支えられながら信頼関係を築いてまいりました。古い文化を大切にしながら新しい文化にも敏感な横浜という街は、私の理想とする医師像そのものです。

お口の中に関する悩みは何でもご相談いただきたい。「歯のコンシェルジュ」として一人ひとりの患者さんをサポートしていくことで、生まれ育った大好きなこの街に住む方々のお口の健康をずっとお守りしていきたいと考えています。

横浜という街そのものが、私の「理想の医師像」

院長あいさつ私は、横浜で生まれ横浜で育ちました。この横浜という地は、私にとって慣れ親しんだ地元であり、大好きな街なのです。地域の人々は明るく、常に新しい文化を取り入れていける方ばかりです。それでいて落ち着いた雰囲気も併せ持つ横浜は「大きな田舎」なのだと私は思っています。

この街の「古き良きものを大切にしながら、新しいものも積極的に取り入れていける」、そんなスタイルが、私が目指す歯科医師としての姿そのものなのです。そのため、この地で一歩一歩着実に、地域の方々と共に成長していきたいと考えながらこれまでやってきました。

おかげさまで開業より28年間、地域の患者さんに「あおば歯科」を愛していただき、親子3代にわたって来院いただけるご家族なども多くいらっしゃいます。開業当初、初めていらしたお子さんが、成人されてご結婚され、今ではご自身のお子さんを連れていらっしゃる、という嬉しいエピソードもございます。

患者さんのニーズに最大限にお応えしたい

院長あいさつ患者さんが歯科医院を選んで通院されるという流れは「お見合い」に似ていると思うのです。お見合いは、事前に相手のことをいくら下調べしていても、いざお会いする際には「どんな人なのだろう?」と緊張感や不安を持つはずです。歯科医院も同じで、インターネットや口コミでたくさんの情報を得たとしても、初診時には「どんな歯医者さんなのだろう?」「どんな先生かな?」「治療は痛くないかな?」など、さまざまな疑問が浮かび、それを確認したいと思うでしょう。

また、お見合いでそんな気持ちをお互いが抱えているのと同じように、患者さんだけでなく私たち歯科医師も「患者さんが何を求めているのか?」を読み取ろうとしているのです。治療へのご要望や希望費用、かけられる時間など、患者さんのニーズにいかにお応えできるかを考えています。

そのため、少しでも多くのニーズにお応えできるよう、患者さんには何でもお話ししていただきたいと思っています。言いにくいこともあるかと思いますので、当院も患者さんに「それはこうしたい」「ここがわからない」と気軽に言っていただけるような環境作りを目指しています。また、どんな治療法にも必ずメリットとデメリットは生じてしまいますが、最大限の最新知識、技術を持って対処させていただきますのでご安心ください。
  

歯のコンシェルジュとして患者さんをサポートしたい

私は、歯科医師は患者さんにとって「歯のコンシェルジュ」なのだと考えています。患者さんのご要望や疑問、不安点は、些細なことでもお伺いし、親身になってご相談に乗り、できる限りサポートしていくこと。そのためにも、患者さんが何でも話しやすい環境を整えてさしあげる。

ご要望に沿った治療内容や費用、期間などをしっかりとご説明・ご提案し、ご選択いただくことが大切なのです。それらを誤解や問題が発生しないよう、丁寧に行うことで信頼していただきたいと思っています。患者さんとの間に信頼関係を築くことで、「高先生になら何でも聞けるし、歯もしっかり治してくれる」と思っていただけるような医師を目指してまいります。

院長プロフィール

院長プロフィールあおば歯科医院 院長
高 啓民

【経歴】
昭和50年 横浜市立大学文理学部卒業
昭和58年 神奈川歯科大学卒業
昭和58年 金田歯科勤務
昭和59年 番田歯科勤務
昭和60年 あおば歯科医院開設


【取得サティフィケート】
ポーテクニック矯正テクニック
ポリリンホワイトニング

お口のトラブルなら是非ご相談ください

カウンセリング