2017年7月27日

うわー、とってもいいぞ、カリソルブとペリソルブ


 みなさん、カリソルブとペリソルブというスウェーデンの歯科用のくすりについてご存知ですか?

 簡単に説明すると、
 
 カリソルブはむしばで穴が開いたところにつける液体で30秒しみこませて待っているとあら不思議、虫歯菌によって傷んだところが柔らかくなって、機械で削らなくても手で小さな耳かきのようなもので除去できるという優れものです。

 ペリソルブは同様に硬い歯石がくすりにより柔らかくなり歯を痛めることなく取り去れるというものです。

 子供用のキッズソルブというのもあります。

 そんなに良いものがなぜ広まらないのか?

 理由はひとえにくすりだいが高いからです。( ただし高いと思うかは人による )

 歯一本あたりやく5000円します。かぶせものや歯石除去代は別です。

 くすりの仕入れ値で歯3~4本分塗れるくらいで約20000円します。

 特にペリソルブは密封パックあけて30分くらいでくすりのききめ落ちてきますから基本使いきりです。
 
 過日かの六本木ヒルズでの研修会に出た折、

   スウェーデンのイエテボリ大学のピーター・リングストローム教授

 に私のつたない英語でいろいろ質問してきいてみたら、あちらでは

   歯一本あたり約144ユーロ日本円で18000円 ( 1ユーロ124~125円)

 という事でした。

 当然日本の法律では保険の規格からはずれますからくすりをつかったあとのかぶせ物も自費になります。

 当日へやにいたやく20人ほどの東京の先生はそんなの当り前でしょうという前提でした。

 東京では20000円ほどの料金です。これより安い先生はかぶせ物高くてけっきよく同じです。

 そもそも普段からかぶせもの保険でやっていない先生ばかりですから。

 できるだけ歯を削りたくなくさらにすこしでも痛いのイヤという方は皆さん希望されるようです。

 横浜に帰ってきていつも思うことですが金歯や白い歯にお金を出すのと目に見えない下準備に払う費用に同意を得ることの違いがあり、

 多摩川の向こう側は違う世界のワンダーランドです

 現状当医院はドッグベスト・ペリソルブ・カリソルブの最強コンテンツありますがひたすら地道にめげずにとりくみます。

 世に曰く 歯科には4種類しかありません

 高いけれどよい歯医者

 高いだけでダメな歯医者

 普通の歯医者

 安いけれどダメな歯医者

 以上です。

 プロから見て

 安いけれど良い歯医者はありません。

 説明をよくするとかはできますがなにかアヤシイか院長が生活犠牲にしているかでしょう。

お口のトラブルなら是非ご相談ください

カウンセリング